食育基本法及び食育基本計画を踏まえて幼稚園教育要領、および、保育所保育方針に食育の推進が盛り込まれ、幼保連携型認定こども園においても食育を推進していかなければなりません。その推進にあたっては、幼保連携型認定こども園でも教育・保育の全体計画と連動した食育の計画を実施するために幼稚園教育要領、「保育所における食育に関する指針」および「保育所における食事のガイドライン」を基に業務を行います。


私たちは、子供の「生きる力」の基盤となる「食を営む力」の基礎絵を養う観点か
ら、食育の人的物的環境を構成することが重要と考えています。具体的には、食と命の関わりなどを実感し、豊かな体験ができる環境、情緒安定のためにもゆとりのある食事環境、食を通した人とかかわる力を育む環境をつくります。


食育の目標

 「保育所における食育に関する指針」は、食育を保育の一環として位置付けた、保育所における食育の目標の実現に向け、@お腹がすくリズムのもてる子どもA食べたいもの、好きなもの、好きなものが増える子どもB一緒に食べたい人がいる子どもC食事づくり、準備にかかわる子どもD食べものを話題にする子ども、以上の期待する5つの子ども像を掲げています。私たちもこれらの子ども像が育ちとして実現されることを視野に入れ食事を提供していきます。


学校給食法に準拠した食事

幼保連携型認定こども園で学校保健安全法が準拠されるならば、同様に、食事の提供については「学校給食法」を準用していくことになります。家庭から弁当の持参ではなく、同一の食事を分かち合うという教育的意義は大きく「学校給食法」の目標が示すように、適切な栄養摂取、望ましい食生活の確立と共に、協同の精神を養うこと、地域の優れた伝統的な食文化についての理解や生命及び自然を尊重する精神ならびに環境保全に寄与する態度を養うこと、食糧の生産、流通、消費についても正しい理解の基盤がもてるように導くこと等、給食は学校教育の目的を実現するものでもあります。


保育における食事提供の意義

食べることは生きることの源であり、心と体の発達に密接に関係しています。食事は空腹を満たすだけでなく、人間的な信頼関係の基礎をつくる営みでもあります。こどもは身近な大人からの援助を受けながら、他の子どもとの関わりを通して、食べることを楽しみ合い、豊かな食の体験を積み重ねていくことが必要となります。


トップページごあいさつ会社概要採用情報お問い合わせ│
サイトマッププライバシーポリシーリンクについて